Gin and Lime ~色あせぬ恋~

せつない夜にふと心をよぎる悲しい思い出は涙と共に飲み干す・・・
ジンライムには「色あせぬ恋」という意味があるそうな

読みかけの本

2年ぶりに 読みかけの本をひらく
どんな内容だったかも うろ覚えで
ただ活字を追う
あぁ こんな話だったなと
少しずつ思い出したとき
ふと 本の真ん中のページ辺りから
白く柔らかいものが出ていることに気付く
その柔らかいものはティッシュペーパーだった
二つに折り畳まれた
ティッシュペーパーを取り出した私は
声が出ない代わりに
涙が後から後から溢れて流れて
泣き崩れてしまった
あの日 家のオリーブの木で見つけた
大きなハートのオリーブの葉が包まれていた
普通のハートオリーブは一枚の葉だけど
これは 二枚の葉がくっついた大きなハート
二人でビックリして
そして 幸せになると言われている
その奇跡を信じて
あなたの手のひらにのせて写真を撮った
でも
奇跡は起きず 私は残された
そのハートオリーブが今
悲しみや苦しみや空しさに負けそうで
助けて と心で叫び続けていた今
こうして現れたことは
偶然ではないのかもしれない
あなたの魂が今
ここに来てくれたんだよね
ありがとう ありがとう ありがとう
迎えに来てくれたのかな?
私はどうしたらいいの?
ハートオリーブを手のひらにのせたら
まだ あなたの手のぬくもりが
残っているかのように感じます
もう 涙で本が読めません
あなたの傍らで読んでいたこの本
何年経ったら 読み終えるのかな