Gin and Lime ~色あせぬ恋~

せつない夜にふと心をよぎる悲しい思い出は涙と共に飲み干す・・・
ジンライムには「色あせぬ恋」という意味があるそうな

相思相愛の歯車

私の好きになった人が
私を好きになってくれたり


私を好きになった人を
私も好きになったり


歯車がぴったり合うように
この人以上に愛した人はいないと
この人以外は愛せないと
思うのだけど


歯車がちょっとだけ
噛み合わなくなって
やがて歯車は外れて
それぞれがどこかへ転がっていく


もう二度と恋愛の歯車は回らない
絶望と空虚な世界を空回りして
もう誰の歯車とも合うはずがないと
涙で錆び付き嘆くのだけど


時が経つと知らぬ間に
歯車は誰かに引き寄せられて
再びゆっくりと回りだす


だけど今回ばかりは
どうだろうか?
何年も回ったり止まったりを
繰り返してきた歯車は
すり減って錆びきっているから
もう誰の歯車とも噛み合わないかもしれないよね